×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コミュニケーション力をUPさせる

コミュニケーション力を上達させる

コミュニケーションをとるのが上手な人は、
生まれながらに才能を持っているのでしょうか?

 

結論から言うとそうではありません。

 

良いコミュニケーションを取るには、話し相手に関心を持ち、
好意をもって接することができるかどうかにあります。

 

これは、男女の仲だけに当てはまることでなく、
すべての人とのコミュニケーションに当てはまることなのです。

 

一つ例を挙げてみると、二人の人が居るとします。
二人とも1年間で同じ数の人と知り合うとします。

 

一人は、好意をもって接することができる習慣があります。
もう一人にはその習慣がありません。

 

習慣が身についている人は、ついていない人に比べ、
1年間でたくさんの人間関係を築け、
友情関係も深いものになっているのです。

 

好意をもって接するか、接しないかというのは
「好意の返報性」という違いを生むのです。

 

難しい言葉ですが、簡単に言うと
好意をもって接すると、相手も好意をもって接してくれるということです。

 

要するに、仲良くなりたい人が居るときは、
その人に好意をもって接し、
どの部分に関心を持ったかを伝えることが大切なのです。

 

あなたも、自分と異なるタイプの人から好意をもって接してもらったら、
嫌な気分にはならないはずです。

 

このレポートを読んで、もっと好意を伝えられる人に
なってみませんか?

 

そうすることでコミュニケーションの達人になれるでしょう。